上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
去年の夏に、実生1年苗を購入し成長が止まった時
写真 4

そして、一冬外で越冬した状態
画像 056

冬の雪や霜、強風によって見るも無残な状態です

今年は、-2℃位になりましたし熱帯果樹では結構耐寒性が有りますね

そして、4月22日に観察してみると新芽が展開を始めました
分かり難いんですが、写真中央の芽が開き始めています
画像 072

実が成るまでには、まだまだ何年も掛かりそうですが

今年は、どの位大きく育つのか楽しみです
スポンサーサイト
2012.04.23 / Top↑
春の新芽の展葉が終わって最近まで動きがありませんでしたが

梅雨の雨にも負けず、成長しています

4月20日                         6月19日
画像 056画像 129

ジャボチカバの展葉したばかりの葉はとても綺麗です

こんなに美味しそうな葉なのに、アブラムシが着かないのが不思議です

着いたら着いたで、物凄く迷惑なんですがね~
画像 130
2012.06.21 / Top↑
流石、熱帯出身だけあってこの35℃に迫る外気温を物ともせず

新葉を展開させ続けてます

4月22日                        7月30日現在
画像 056画像 190

写真を見比べると、3ヶ月前とは雲泥の違いです

ですが、樹高は余り高くなっていません

ネット等で見る、大きな樹になるのに何年かかるんでしょう?
2012.07.31 / Top↑
分類:フトモモ科キブドウ属

    ジャボチカバ(Jaboticaba)とは総称で、近縁種を纏めた呼び方である
   
樹高:高低木 4~7m程度で12mに達する物も有る

樹勢:成長は遅い

耐寒耐暑:耐暑性に優れ、霜に当たると葉を落とす
       若干の耐寒性を持つ(-4℃程度だが品種次第では0℃が限界)

受粉:自家受粉 開花時期に雨に当たると受粉率が極端に落ちる

日照条件:日なたを好む

結果年数:成長次第で5~6年 10年以上かかる品種もある

開花時期:5月 品種により年2~4回

収穫時期:7月 品種により年2~4回

果実:幹に直接成り、1~3cm程度の球形状
    濃い紫色の果皮を持ち、葡萄の巨峰に似た果実
    収穫後数時間で味が変わってしまうので生果の販売は稀である
    
土壌:弱酸性の水捌けが良く深い壌土を好む
    砂質のアルカリ性土壌でも鉄分の管理が出来れば成長させる事も可能
    塩害に弱い

水遣り:水が大好きで水遣りした方が成長は良い
     だが、耐湿性が余り無いので乾燥気味の方がいいかも
     開花期に水切れさせると着果しない事がある

施肥:年3回程度 バランスの取れた施肥が成長を加速させる

剪定:3月 通常剪定の必要は無いが、内向きの枝や樹形を整える剪定を行う

植替え:3月 基本常緑なんで春先かな

繁殖:実生・挿し木・取木で殖やせる
    但し、接木は果実が幹に直接実る性質上余り勧められ無いらしい

病気:特定の品種(特にサバラ)で梅雨時期果実に錆び病が発生しやすい

害虫:アブラムシやカイガラムシ

※日本での販売品種は、大葉系・中葉系・小葉系・四季なりで区別され

 アッスー・ミウーダの名前で販売されています

海外サイトに記載されている品種
・ブランカ(Branca) マスカットの様に、明るい緑色で熟す。果実は中
・イブリタ(Hibrida) 結実までの年数が短い。果実は小
・サバラ(Sabará) もっとも大規模に栽培される。果実は小
・パウリスタ(Paulista) 果実がやや酸っぱいが豊産性。果実は大
・ラジャーダ(Rajada) 果実は白緑紫のストライプで甘く香り良い。果実は大
・読みは不明(Ponhema) カブの様な先の尖った果実。果実は大
・読みは不明(Roxa) 果実が赤く熟す。
 他に、サンパウロ(Sao Paulo)、Mineira、Coroa、Murta、Vermelha、
 Olho de boi、等多様な品種が有るそうです
 後イエロージャボチカバと言うのは、Cabelludaと言うそうです

参考にした海外サイトのリンクは、ここここです
2012.08.02 / Top↑
中葉系品種

画像 190

成長は遅いが、初結実までの期間が短く3~5年で結実に至る

果実は小ぶりだが甘味が強く、四季なり性

小葉系より耐寒性が若干劣る

病害虫は、カイガラムシとアブラムシに気を付ける程度

イブリタ(Hibrida) は、英語読みでハイブリッド

購入先の話では、ハイブリッドと言う位ですから

商業栽培用に品種改良が行われたのでは無いかと言う事です
2012.08.03 / Top↑
ジャボチカバのイブリタの様子です

画像 281

まだ、新葉の展葉を続けていますがそろそろ止まると思います

今年は、かなり大きくなりました

害虫被害が全く無く、耐寒さえクリアすればかなり強健ですね

幹の太さも、2回りは太くなったかと思います

来年は、どの位成長してくれるか楽しみです^^

その前に、迫る冬を越冬してくれるかどうかですがね

栽培2年目 実生3年目 樹高約25cm 7号鉢 結実実績無し
2012.10.21 / Top↑
6番手は、まだまだ栄養成長しかしないジャボチカバの植替えです

本当は、植替える予定では無かったのですが根の状態確認の為に

鉢から抜いてみると、結構な根張りでした

まだ、根が巻いて・・・・・って段階ではなかったですが

今後の成長の為にも、鉢増しする事にしました

画像 371

早速、7号鉢→8号鉢に植替えました

画像 372

ついでに、剪定もしました

ジャボチカバの剪定は、内枝を落とすのと

枝が多いと幹が太くなりにくいので幹を太くする為に

枝数を制限してやると良いらしいです

ようするに、細かい枝は落としてしまえって事ですな
2013.03.22 / Top↑
我が家の果樹の中でも遅めの動き出しです

まぁ、熱帯果実ですしね~仕方ないか?

葉の展開も開始しましたし、やっと軒下から出て行きました

日当たりも良くなり、超加速な成長を期待します!!

自家製ジャボチカバまで、道のりは遠いです>_<


2013.05.03 / Top↑
近況報告です

3月の植替え剪定からかなり茂ってます

まだまだ、ゆっくりした成長中です

先ず、今年の開花は無いと思います

来年もあるかどうか・・・・・・・

3月                           7月
画像 372
2013.07.11 / Top↑
ジャボチカバのイブリタの様子です



上には、殆ど成長してる様には思えませんが

一応、幹の太り具合はそこそこで横ばかりに茂ってます

まだまだ、結実してくれそうな感じでは無いですが

健強な成長と害虫が付かない所がずぼらな私向きですね^^

これで来年結実すれば最高なんですが~

栽培3年目 実生4年目 樹高約0.3m 8号鉢 結実実績無し
2013.11.01 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。