上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
枇杷

分類:バラ科ビワ属

樹高:常緑高木 3~10m

樹勢:やや強く直立性

耐寒耐暑:温帯地域を好み若干の耐寒性を持つ(-5℃程度)

受粉:自家受粉

日照条件:日なたを好むが耐陰性もある

結果年数:地植えで13年程度かかる様です
       結果年数を縮める為に鉢植え栽培により根域制限をすると結果年数が短くなる
       接木苗>挿し木苗>自根苗 結果年数は右から左に早くなる
       最低でも、4~5年は見た方が良い様です

開花時期:11~2月 冬の寒い時期に開花する為幼果が痛みやすい

収穫時期:5~6月 品種によって収穫時期が異なる

土壌:適応性はとても高い 弱酸性の水捌けの良い土壌を好むが強酸性の土壌では生育が悪くなる

水遣り:耐乾性が高く、耐湿性が低い やや乾燥気味に遣る事

施肥:6月と9月 遣らなくても育つが遣った方が良い

剪定:9月 花芽が今年延びた枝につく、一度結実した枝には花芽が出来にくい
       この事を踏まえて剪定を行う

植替え:3月 春に行うのが良いとされているが、結実させないならいつでも良い

繁殖:実生・挿し木・接木どれでも容易 実生でも果実の品質は落ちにくいらしい

病気:紋羽病 過湿によって根に感染する
    がん腫病 剪定時の傷口から発症しやすい


各品種を写真付きで下記サイトで紹介されています
興味の有る方はどうぞ~
南房総いいとこどり
スポンサーサイト
2010.09.12 / Top↑
初めて私が購入した苗木

苗木の選び方なんか全く知らず・・・・・

お!下から芽が出てるじゃん!!

ってな選び方だったような

初めての植替え

鉢植えの用土に悩みに悩んだと思う

特に、この用土が良いってのが枇杷は余り書かれて無い

土壌適正が高いから、排水性がよけりゃ良い!!

まぁ、私の検索が甘いせいなのかも知れないけどね~

今は頭の中に、どんなブレンドで行くか決まってるけど

この時は「培養土4:腐葉土5:竹炭0.5:苦土石灰0.5」が良いんじゃ無いかと思い植えた

100821_1411_0001.jpg

二週間後の新芽

新芽が出てきた時は嬉しかったです

なんせ、植え替えた時に苗木の用土を見たけど粘土だったし

そのまま植えた方が良いらしいけど、粘土はないや~って

1/2は、苗木の用土を剥がしたから枯れるかな・・・・・・と思ってたから

幼葉には、アブラムシが付くらしいんだけど

豆に観察してたら、本当に付いてたから驚いた!!

速攻退治してやったけどね~

サイトを巡ってた時に、パイナップルのクラウンを切って植えたら芽が出る

って見かけて、興味本位で植えて見た

取り合えず、枯れずに根付いた見たいで現在地味に成長中

パイナップルは、耐寒性が弱々らしいけど冬でもベランダのままだよ

部屋になんか入れて上げないんだ

枯れちゃうのかな?

そして、茂木さん?は友達の家に里子に出します

まだ、家で面倒見てるけどもう直ぐお別れだ

色々と勉強になった苗木だし、友達の家でも元気に育って欲しい
2010.09.20 / Top↑
nagasaki07006-z1.jpg

長崎県農林技術開発センターより発表され、2009年2月26日に品種登録された新品種

下図の品種を交雑して作出された実生からの選抜品種である

無題

樹勢は強く(幼木は特に強い)やや直立性(やや開帳性)

豊産性で、果実は短卵形

大果であり、果肉も厚く比較的軟らかで果汁が多い

茂木の果実の小ささ、大房の果実品質や果皮障害の問題を解決した

ただ、耐寒性が茂木より低い様です

特出すべきは、枇杷の主要病害であるがん腫病に強いと言う事

要約するとこんな感じらしいです
2010.09.21 / Top↑
枇杷は夏場でも元気に成長しており

今年は、去年の倍くらいの成長を見せていますね

先端成長部も、分裂して枝分かれが進んでいます

もう少し成長したら、枝の誘引を行おうと思っています

今年は、結実が無かったので来年は期待したい所ですね

左が、茂木の台木が成長した部分(笑

右が、なつたより

画像 193
2012.08.05 / Top↑
茂木に、2年ぶりに花芽が着きました

期待のなつたよりに花芽は無し・・・・・

茂木はリストラ候補だったのに、リストラ出来なくなりましたよ

取り合えず、来年花芽が着かなかったらまた考えます^^;

画像 280
2012.10.17 / Top↑
枇杷のなつたよりの様子です

画像 292

今年は、去年よりグッと大きくなりました

大きくなりすぎて、風が吹く度に踊っています

幸い、鉢が大きいので滅多には転倒しないんですがね

なんせ、葉も大きく高さが出てるので来年の植替え時に

バッサリと枝の剪定と誘引を行う予定です

今年は、花芽が着きませんでしたので来年の結実は望めませんが

そろそろ、実が食べて見たいです

画像 293

因みに、横から見たらこんな感じ

いまいち、納得の行かない伸び方しちゃいました^^;

栽培3年目 接木4年目 樹高約1.3m 9号鉢 結実実績無し
2012.10.31 / Top↑
枇杷の茂木とヒコバエの様子です

画像 294画像 295

見た目は立派なんですが、鉢とのバランスが悪く

ちょっとした風で転倒しまくりです

見た目が立派な部分はヒコバエが成長した所で

茂木の部分は左の写真の右の細い枝の花芽が着いてる枝です

完全に負け枝になっちゃってますよね^^;

こんな負け枝だからこそ花芽が着いてくれているのかもしれませんが

初めて私が購入した苗木ですし、処分するにしきれずに今に至ります

来年、なつたよりの剪定枝でも接木しようかな・・・・

栽培3年目 接木4年目 樹高約1m 8号鉢 結実実績有り(花芽展開中)
2012.11.01 / Top↑
日に日に寒くなって来ていますが枇杷は元気です

なんせ、こんな時期に花を咲かせるんですから!!

画像 316

只、受粉の手助けをしてくれそうな虫が飛んでませんので

指先で、チョコチョコしときました
2012.11.25 / Top↑
2番手は、枇杷のなつたよりを植替えました

早速、鉢から引っこ抜いたらなかなか良い根張りです

去年も思いましたが、枇杷は土壌の適用性が高いのと

私の作る用土に合ってるのか元から健強なのか

根張りと地上部の成長共にとっても良いのです

特に目立って虫が着く訳でもないので育てやすくて良いですわ~

画像 359

で、9号鉢→10号鉢に植替えました

等々10号鉢まで来てしまいました

これ以上大きくするのは管理的に大変なので・・・・

まぁ、先送りは余り良くないんですが来年考えます^^;

画像 360

去年は、上に上に成長しすぎだったので

思いっきり剪定しまして、残した枝も真横に誘引しました

これで、来年こそは結実してくれると嬉しいんですがね
2013.03.17 / Top↑
7番手の植替えは、枇杷のほぼ実生株です

まぁ、ヒコバエが大きくなりすぎて大変なんですが

捨てるに捨てれずに植替えを実施しました

画像 383

根張りは、十分過ぎる位です

ただ、地上部が育ちすぎて鉢が小さい位ですが

余り大きくしてあげません

一応、今回は8号鉢→9号鉢に植替えました

画像 384画像 385

昨年、伸び過ぎた部分をざっくり選定しました

一応、今年は茂木の枝部分に実がついています

いっそ、茂木の枝部分だけ切ってなつたよりに接木しますか?

まぁ、来年までにはどうするか決着をつけようかと・・・
2013.03.29 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。