上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日、いつも覗いているブログ(トロピカルフルーツ成長ノートさん)で

ジャックフルーツの種子の無料配布と言うイベントがありまして

応募した所、5つも頂きました

一番大きな種子で、500円玉位あります

画像 197

早速、種まきを行うに当たって1日ばかり水に浸します

種子の殻が割れている物が3つ有りましたので

殻と薄皮を剥いたのですが、1つだけ発酵した様な臭いのする物があり

泣く泣く廃棄しました;_;

種まき用土は、先日作った用土を使用しました

左側は、殻除去種子 右側が殻付き種子

画像 198

上半分は室内、下半分は室外 で育成です

画像 199

殻付き殻無し室内室外で、どの位成長に差が出るのか

見て行こうと思います

今回の種まきで思い出したんですが、1ヶ月位前にまいた

マンゴスチンの種子はカビが生えて腐ってしまいました

ビリバと言い、マンゴスチンと言い種子から発芽すら出来てません

今回は、大丈夫なんでしょうか不安です^^;
スポンサーサイト
2012.07.27 / Top↑
トロピカルフルーツ成長ノートのパパイヤ牛乳さんから頂いた

ジャックフルーツの種子が、発芽してきました!!

発根に約2週間、発芽に1週間って所でした

他に、3つ程撒いていますが発芽まで来たのはコイツのみ

室外の二組は、発根すらしてません^^;

条件として、直射日光が当たると発芽し難いのかもしれません

後は、薄い殻を剥いた方が発芽までの時間を短縮出来そうです

画像 222

まだまだ、暑い日が続きますから、何処まで成長するのか楽しみですね
2012.08.17 / Top↑
未だに、葉の展開は見れませんがガンガン伸びてます

室内栽培の方は順調ですね

室外の2匹は、若干諦め気味・・・・・・

一応、水やりだけはしていますがね

画像 228

カセットボンベと対比撮影したんですが徒長しまくってます

やはり、室内だと日光が足りないのかな?

ジャックフルーツは、植替えに弱いらしいので

今の内に、もう少し大きな鉢に植替えようと思います

画像 227

殻付きで蒔いた相棒も、やっと発芽してきました

殻が見当たらないのは、剥いちゃったからです

相棒との差が酷いんで、殻剥いてやっと発芽って感じです

画像 226

ビワ、ビリバ、ジャボチカバと種を蒔いて枯らして来た私が

本当に冬越しさせれるのか不安一杯ですが頑張ります!!
2012.08.24 / Top↑
分類:クワ科パンノキ属 

樹高:常緑高木 9~21m

樹勢:強く健強であり成長が早い

耐寒耐暑:耐暑性に優れ若干の耐寒性を持つ(-2~3℃程度)
       出来れば、霜に当てない方が良い

受粉:自家受粉 人工授粉した方が大きな果実に成る

日照条件:日なたを好む

結果年数:3~14年 品種・成長度合いで大きく変わる

開花時期:不明 気候で変化

収穫時期:不明 開花から3~8ヶ月で収穫適期となる

土壌:水捌けの良い深い砂利やラテライト土壌を好む
    水捌けが良く深い土壌なら、古い堆肥で植えるのが理想らしい

水遣り:耐乾性・耐湿性が低い

施肥:バランスの取れた施肥が成長を加速させるらしい

剪定:幹に直接果実が実る為、込み合う枝を間引く程度

植替え:植替えを特に嫌うので、大きな鉢で育て植替え頻度を少なくする

繁殖:実生 挿し木はかなり難しいとの事

病気:結構あるらしい

害虫:結構多いらしい

世界最大の果実を実らせる樹として、ギネスブックに登録されている
果実は、ドリアン程では無いが強い不快臭を発する
品種も、結構多様にあるらしいんですが割愛します

英語が読める方は、こちらこちらを参考にどうぞ
2012.08.25 / Top↑
過去最高の巨大台風がやってきています

風も強いので、鉢植えの転倒が心配です

取り合えず、とても成長の良い1匹だけでも

鉢上げしとこうと思い、ホワイトサポテと同時にやりました

ポットから抜いた時にビックリしたのは

既に根が、ポットの底でとぐろを巻いていた事です

植替えに弱いとの事なので、手早く済ませる為に

写真は撮りませんでした

画像 232

鉢上げしたサイズは、ロング5号です

少々小さいかもしれませんが、我慢して貰います

後、駄目だと思っていた室外の二匹ですが

処分しようと思い掘っり返してみたら

殻付きの方だけ発根してました!!

殻無しは、干乾びてしまって手遅れでした

これで、耐寒テスト用の苗を確保出来ましたよ^^
2012.08.27 / Top↑
今回植え替えたのは、写真右側です

室外の方が、成長が良いのかと思ってたんですが・・・・

意外とそうでもなかったようです

画像 253

室内発芽室外栽培の左側の方が、1週間ほど早く発芽し

鉢上げも2週間程早かったのに、室内発芽室内栽培の右側が

追いついちゃった感じです

写真中央のプラポットは、室外直射日光発芽組の生き残りなんですが

成長の仕方が変ですね

芽が、3つほぼ同時に伸びています

単なる個体差なんでしょうか?

それにしても、成長速度が早く毎日観察するのが楽しいです

これが、種子栽培の醍醐味って奴なんですかね?(笑
2012.09.18 / Top↑
流石に、来年までプラポットのままでは小さすぎると思い

一番成長の遅い、室外発芽室外栽培耐寒テスト用の苗を

プラコップに植替えました

サイズ的には、たいして大きくなって無いんですがね

無事冬を越す事が出来るでしょうか?^^

画像 275
2012.10.03 / Top↑
ジャックフルーツの様子です

画像 296

成長具合が、こんなにも違うものかと感心するばかり

右側が、室内で過保護栽培中

中央は、室外で枯れかけてます

左側も、室外ですが意外に元気に成育中

特に、中央の株は発芽一番乗りで生育スピードも早かった筈なのに

今じゃ、葉が一枚も無く枯れる寸前みたいです

耐寒試験前に、天に召されそうな勢いですよ^^;

外気温の低下からか、3株とも成長が止まりました

右側の株位は、越冬出来るんじゃ無いかと思ってます

栽培1年目 実生1年目 樹高約10~25cm 5号鉢ロング他 結実実績無し
2012.11.02 / Top↑
まぁ、予想通りの結果です

画像 331

右は葉っぱ一枚無い棒状態

左は葉っぱ付いてるけどパリパリの葉っぱです

完全に、天国に召されてるように見えます

これで、春になったら芽吹いたらビビリますね~

もしかしたら・・・・・・と言う事で春までこのままです

写真は無いですが、室内越冬の苗はいたって元気です

これで、残った苗に愛情を注げるってもんですよ
2013.01.22 / Top↑
先ず、結論としまして幼苗無加温でも生き延びました

野外で越冬させていました2株はもはや死んでます

まぁ、想像通りちゃ想像通りだったんですがね~

玄関無加温越冬は、何とか生き残りました

ほぼ外と変わらないぐらいの玄関の温度で生き残った辺り

結構、耐寒性を期待できそうなきがしてきました^^

新芽の展開も始まってますし、今年はどの位大きくなるんでしょうね

画像 388
2013.04.09 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。