上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
分類:ミカン科サルカケミカン亜科カシロミア属 

樹高:常緑高木 10~15m

樹勢:強く健強

耐寒耐暑:耐暑性に優れ若干の耐寒性を持つ(-5℃程度)
       霜に当たるか、-2℃を下回ると激しく落葉する

受粉:自家受粉 品種により花粉が少ない固体があるので
          多品種を混植する事で実止まりがよくなる

日照条件:日なたを好む

結果年数:接木で3~4年 実生で6~10年

開花時期:12~4月 開花時期に雨に当たると受粉不良を起こしやすい

収穫時期:7~10月 品種にもよるが、6~9ヶ月で収穫適期となる

土壌:水捌けの良い弱酸性の砂壌土を好むが
    水捌けが良いならどんな土壌にも適応する

水遣り:耐乾性がとても強い
     果実肥大期は、水切れすると整理落下を助長する

施肥:3月と6月と10月 一般的なミカンと同じ時期

剪定:3月 間引き剪定中心

植替え:11~3月 春行うのが良いが根鉢を崩さないならいつでも

繁殖:実生・挿し木・接木で殖やせる 
    実生は、変異または先祖帰りが多く
    挿し木は、根が弱いと言う欠点があり接木が推奨される

病気:強いらしい

害虫:カイガラムシ・ナメクジ被害が多い

メキシコ中央部の高原地が原産の熱帯果実で
果実の果皮・種子は毒性が有り食べない方が良い

英語が読める方は、こちらこちらの文献を参考にどうぞ
スポンサーサイト
2012.08.29 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。