上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日、注文していたブルーベリー用の用土が到着しました

注文品は、針葉樹の樹皮・小枝チップ(写真左側に見える大袋)
       サハリン産ピートモス(写真右側の下の袋)
       マルチ用針葉樹チップ (写真右側の上の袋)



購入先は、BlueBerryHouseさん

本当なら、用土より先に苗木を購入する予定だったんですが・・・・・

色々予定が狂って、用土が先に到着してしまいました

初心者が、用土に凝るってのも如何なものかと思いますが

失敗したくない・出来れば良い物が使いたいってのも初心者ってもんです!!
スポンサーサイト
2010.09.27 / Top↑
一般的な用土として、赤玉土もしくは鹿沼土にピートモスを混ぜるそうですが

赤玉土は、潰れて泥に成り易いそうで使いたくない

鹿沼土も、対して変わらない様に思えます

一般的な腐葉土は、広葉樹をベースに作られているそうでコガネムシ被害が心配です
2010.09.27 / Top↑
雲南百薬を植え替えた時は、春の余りが有ったので

作る必要が無かったのですが、今回は1から制作の為に

色々買って来ました

画像 158

前は、市販の培養土をメインに色々混ぜて居ましたが

結局、混ざってる物は大きく変わりません

ゴールデン培養土何て言う物も単独で使ってもみましたが

粒状だろうと初めだけで崩れてきて、排水性が悪くなりました

なので、培養土は使わずに制作です

腐葉土:ピートモス:バーミキューライト:パーライト:炭:針葉樹樹皮小枝チップ

5:3:0.5:0.5:0.5:0.5位の割合で配合しました

後は、苦土石灰とマグァンプK(元肥)を少々加えて

よーく混ぜ合わせると出来上がりです

画像 160画像 161

本当なら、この段階で2週間程寝かせるんですが

雨が降ると作業が出来ないので、このまま使用し

植替えました
2012.07.11 / Top↑
ジャックフルーツの植替えで、用土が尽きてしまいました

来年春の植替え前、寒空の下で土を混ぜ混ぜしなくていい様に

今回は、ちょっと多めに作成しました

前回は、手に入れる事が出来なかった100円ショップの竹炭も

売っている店を発見したので、5個も買って来ました

画像 250

前回は、腐葉土5Lがベースでしたが今回は、20Lです

ビニール袋の中で混ぜ合わせるには、少々量が多すぎます

今日ほど、プラ舟が欲しいと思った事は無かったと思います

画像 251

まぁ、無いものは仕方ないんでビニール袋に資材を投入します

腐葉土:ピートモス:バーミキューライト:パーライト:炭:針葉樹樹皮小枝チップ

20:10:2:2:2:2位の割合で投入

後は、苦土石灰とマグァンプK(元肥)を少々加えて

よーくかき混ぜて出来上がりです!!

画像 252

今回は、ピートモスの繊維が少々小さめの奴でした

買い置きのサハリン産の奴は、3L位しか残って無かったんですよね~

多少排水が悪くなるかもしれませんね

まっ!細かい事は気にしても仕方ないでしょう
2012.09.14 / Top↑
2月の中旬に放置してたブルーベリー用の用土を作りました

去年からの残りのサハリン産ピートモスに針葉樹林樹皮チップ

バーミュライトとパーライトを投入後、サンドセットを少々

プラ船の中でよーくかき混ぜたら出来上がりです

画像 361

袋に詰めて完成

画像 362

去年から用土をチョコチョコ使っており汎用用土が底を尽きました

仕方なく、汎用用土作りを行いました

まぁ、混ぜた物は前回と全く同じです

全て投入したら、プラ船から溢れてしまいそうです

画像 366

混ぜ混ぜしたら出来上がりです

よくよく見ると前回もピートモスの目が細かいと思いましたが

今回はさらに細かい様な気がします

まぁ、相変わらずで細かい事は気にしないとします

画像 367
2013.03.19 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。