上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
分類:ミカン科ミカン属
   (大きく8つの類に別れ、品種改良が盛んに行われた為多くの品種がある)

樹高:常緑低木・高木 2~15m 類によって差が大きい様です

樹勢:類・品種により強い物弱い物が有る 

耐寒耐暑:耐暑性に優れ若干の耐寒性を持つが、温帯地域の方が生育が良いみたいです
       寒冷地では、果実の酸が抜けずらく酸味の強い実になるそうです

受粉:自家受粉 単為結果性のため受粉がなくても結実する

日照条件:日なたを好む

結果年数:2~3年 1年目からでも花芽を着ける事があるそうです

開花時期:4~6月

収穫時期:9~翌年5月 類・品種によって収穫の適期に大きな差がある

土壌:水捌けの良い壌土で、保水性も重要との事

水遣り:過湿に大変弱く乾燥にも弱いとの事なので、やや乾燥気味に遣ります

施肥:3月と6月と10月 年内収穫品種には収穫後

剪定:3月 花芽が前年枝の先端とそれに近い2~3の脇芽に花芽を着ける
       前年に実を着けた枝には花芽が着きません
       この事を踏まえて、前年に実を着けた枝を中心に切り替えし
       不要枝を間引き剪定を行います

植替え:3~4月 根を弄らないならばいつでも良い

繁殖:類・品種によって違うが、一般的に接木が良い
    柑橘類は、根が弱いと言う欠点が有り自根だと結実までに時間が掛かるそうです
    実生は、結実まで10年以上は見た方が良いとの事

病気:黒点病・そうか病・かいよう病・すす病等、結構病気が多い
    特に棘がある品種は、かいよう病予防の為に防風すると良い

8つの類
オレンジ類 グレープフルーツ類 香酸柑橘類 雑柑類 タンゴール類 タンゼロ類 ブンタン類 ミカン類
スポンサーサイト
2011.06.11 / Top↑
中生種

品種発表は2008年

1984年(昭和59年)に果樹研究所カンキツ研究口之津拠点にて作出された品種

国育成品種

No.14(清見×興津早生)にアンコールを交雑して育成した品種

樹勢は中位で、短いとげの発生が少しみられるが樹勢が落ち着けば発生しない

樹高は、3m程度

樹形は、やや直立する

画像 093画像 332


収穫時期は、露地栽培で1月中旬~2月上旬

浮皮の発生は、ほぼ無く露地栽培可能であり

他品種の花粉が受粉されなければ無核果となる

果実肥大期の乾燥により裂果が発生しやすいらしい

そうか病・かいよう病に強いとの事

今年2011年に、津之望と言う品種が登録されていますが

鉢植え・露地栽培だと考えると津之輝の方が優秀なのかな?
2011.06.28 / Top↑
新芽の展開から約1ヶ月

上部は葉のみが、下部は花芽のみが展開しております
画像 070

ミカンの栽培は1年目なんですが、ミカンの新芽の展開って

これが正常なんでしょうか?良く分かりません

取り合えず、まだまだ若木なんで実を成らせると弱っちゃうと思うんですが

多分、1~2個位成らせちゃうかもしれません(笑

だって、一杯花が咲きそうなんだもん!!
2012.04.23 / Top↑
昨日、今日と蕾が一斉に咲き始めました

花の命は短いと言いますが、もう一部散っています

白くて可愛い花ですが、散った後の掃除が大変そうです
画像 093

トカゲちゃんが居ました

彼(彼女?)は、いったい何を狙ってるんでしょうか?
画像 094

本日のコガネムシ捕殺4匹でした

先日の大量発生は、何だったのでしょうね
2012.05.09 / Top↑
100近く開花していたんですが、幼果が定着したのはたったの6個だけです

他は、黄色くなって落ちてしまいました
画像 127

まだ、木が若いので残った6個全て成らす訳には行きませんが

2個位成らすつもりなので暫く大きくなるまで様子見ですね
2012.06.19 / Top↑
整理落下か長雨の影響だったのか6個着いていた実も

今は4個まで減っています

幼果もだいぶん大きく育って来ており

ピンポン玉程度まで肥大しています

順調にこのまま行けば、来年の1月辺りに収穫となります

画像 211画像 212

樹も、アゲハの幼虫の食害で葉が少なくなってます^^;

4個も成らせて良いものか悩む所ですが

勿体無くて、摘果出来ない屁たれです
2012.08.14 / Top↑
ミカンの津之輝の様子です

画像 289

結実実績が無い無いだらけの中、一条の光を放っています

本当なら、2個位しか成らせるつもりは無かったのですが

現在、4つ程実り色付いてきました!!

1月の収穫が待ち遠しいです

成長としては、春の剪定の事を考えるとマイナスかもしれません

苗としても、下枝が枯れてしまい腰高になっていますし

高さのせいか、風で倒れやすいです

害虫被害は、アゲハの幼虫がかなりの回数着きました

新芽を食い漁るアゲハの幼虫は悪魔そのものですよ

因みに、上の写真は見栄え良く撮ろうと頑張ってとりました

画像 290

本当は、こんなに傾いてます^^;

栽培2年目 接木4年目 樹高約1m 8号鉢 結実実績有り(結実中)
2012.10.29 / Top↑
津之輝の果実の色が黄色くなってきました

確か、収穫適期は1月だったと思うんですが

こんなに早く色が変わってくる物なんでしょうか?

色が完全にオレンジ色になってから樹上で減酸させるのでしょうか?

んん~結実初年度ですし、疑問だらけですね

そろそろ、鳥さんに狙われそうですし網でも掛けとこうかと思ってます

画像 301
2012.11.11 / Top↑
うちは、余り鳥の被害は無いんですが

被害が出て後悔したくないのです

多分、この程度の網なんて気休めなんでしょうがね

画像 307
2012.11.14 / Top↑
新年初めての更新・・・・・・かなり放置してました^^;

だって、書くことが無かったのです

と言うことで、ネタが出来ました

ミカンの津之輝の初収穫です!!

果実が色付いても硬かったのですが最近軟らかくなってきたので

収穫した次第です

完全無農薬のミカンなんて初かもしれませんね

開花から収穫まで漕ぎ着けた果実は4つ

1個はまだ樹上にくっ付いてます

大きさは、温州ミカンで行くと小ぶりなM玉です

ちょっと、樹の大きさからしたら成らせ過ぎたかもしれません

画像 332

早速、味見するべく割って見ました

果皮は傷だらけですが、中身はかなり綺麗なオレンジ色

果皮よりかなり濃い目のオレンジです

ワクワクしながら、一口食べましたがやばかったです

もう・・・・・酸味が強すぎて咽る位やばかったです^^;

物凄い酸味の中にもしっかりした甘味を感じました

なので、減酸出来ればかなり美味いんではないかと・・・・・

実際に、収穫期は1月中旬からで出荷が2月前半からとありましたので

期間を置く事によって減酸すると思われます

樹上の1個と常温保存で、酸味がどの程度変わるのか後日食べ比べて見ます
2013.01.20 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。