上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
分類:バンレイシ科ロリニア属 
    総称してビリバ(biriba)と呼ばれており国によって呼び名が違うらしい

樹高:多年生半落葉高木 4~15m

樹勢:とても強い

耐寒耐暑:耐暑性に優れ若干の耐寒性を持つ(-3℃程度)

受粉:自家受粉 人工授粉した方が結実が良いとの事

日照条件:日なたを好むが耐陰性も有る

結果年数:早いと3年 結果年数が早い

開花時期:分かりません 釈迦頭を参考にすると4~6月

収穫時期:1~6月 日本は熱帯では無いので11~12月

土壌:水捌けの良い肥沃な重い壌土を好む

水遣り:やや乾燥気味
     年間降水量が1250mm程度あると発育良好との事です

施肥:資料が見付からないので一般的な施肥をしてみます

剪定:3月

植替え:11~3月 春か秋が良い

繁殖:実生・挿し木・接木で殖やせる 
    種子は、乾燥した状態を保つと3年程度保存可能だそうです

病気:強いらしい

英語が読める方はこちらの文献を参考にして下さい
スポンサーサイト
2011.06.12 / Top↑
☆H11/10/某日 発芽失敗にて終了

Rollinia・deliciosa(ロリニア・デリシオーサ) 総称biriba(ビリバ)

deliciosat(デリシオーサ)とは、ブラジル語で美味しいと言う意味

スペイン語でFruta de condessa(フルータ デ コンデッサ=伯爵夫人の果物)とも呼ばれている

ブラジルで盛んに栽培されている果実で、大規模な範囲で自生が確認されているそうです

とても樹勢は強く、樹高は4~15m

花期は多分4~6月 結実は開花・受粉55日後 収穫は11~12月位

若干の耐寒性をもっており、-3.2℃位までは耐えれるそうです

果実は、表面にいぼ状の突起が多数ありハート型・円錐状または扁平である

味は、クリーミーなレモンシャーベットの様で芳香があり、ヨーグルトの様だとも言われている

収穫は、いぼ状の突起の先端が丸みを帯びた頃に行い

数日の追熟期間を置き黄色くなれば食べ頃である

自家受粉するが、大きな果実を収穫する為には人口受粉をした方が良いとの事

病害虫は、カイガラムシが良く付くようです

ビリバの種子には、殺菌・殺虫作用があり種は食べない方が良いそうです

ブラジルではビリバと呼ばれる果実が複数存在するようで私が購入した種が上記に記載した

物と同一かどうか分かりませんが・・・・・・まぁ、3年後のお楽しみです
2011.06.12 / Top↑
結果として、全て枯れました

購入した種は、10粒中1粒発芽しましたが

発芽後、直ぐ枯れてしまいました・・・・・orz

再度、種の購入はしないのでビリバは諦めます

2012.02.29 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。