上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
去年は、剪定時期を逃し放置しましたのでかなり伸び放題です

画像 322

11~12月の適正時期でも、強剪定しすぎると

来年の開花は見込めなくなるとの事ですが

大きく成り過ぎてますんで、ザックリと行かして貰いました

通常は、間引き剪定を基本とするらしいんですが

私は、間引くどころか今年伸びた所よりさらに下辺りで剪定しました

画像 324

こんだけ刈ったら、来年の開花はお預けかな?

まぁ、去年サボった私が悪いんですよ>_<
スポンサーサイト
2012.11.30 / Top↑
最後まで残っていた、ピーマンを撤去しました

まだ、小さな実は沢山着いていたのですが

最低気温が10℃を連日切り始めましたので

流石に、今後の収穫は無理だと思いまして撤去です

撤去のついでに、全体的に軽く耕しました

まだ、牛糞やらを混ぜ混ぜした訳では無いですが

来年に向けて今年は早めの土作りと畑部の拡張を頑張ります^^

画像 323
2012.11.29 / Top↑
日に日に寒くなって来ていますが枇杷は元気です

なんせ、こんな時期に花を咲かせるんですから!!

画像 316

只、受粉の手助けをしてくれそうな虫が飛んでませんので

指先で、チョコチョコしときました
2012.11.25 / Top↑
我が家には、ハウスがありません

その上、一度外で栽培した植物を室内には上げません

なので、耐寒性を重視している訳ですが

地上部の耐寒性と地下部の根の耐寒性には違いがあります

地上部はOKな温度でも、地下部はNOなんて温度もあります

と言う事で、多少なりとも防寒になればと気泡緩衝材を

鉢全体に巻き付けています

画像 315

気泡緩衝材って何ぞ?って方もいらっしゃるでしょうか?

通称プチプチやらエアーシートなんて言われてる奴です

去年は、この状態の野晒しでジャボチカバは無事に越冬しました

日の最低-3.5℃日の平均温度-1.2℃なんてやばい日も有ったんですがね

今年は、ホワイトサポテにピタンガが仲間入り

無事に越冬してくれる事を願ってます^^
2012.11.23 / Top↑
耐寒性が結構あり、栽培がしやすいと噂のフェイジョアです

苗木を買う前に、果実の試食をしたいと思っていた所

ドラゴンフルーツのお取り寄せ時に、見付けてしまいましたので

早速、お取り寄せしました

画像 312

果実としては、大小様々な大きさが混じってます

小さい物は、ピンポン玉サイズ

大きな物で、下の写真程度でした

手のひらが赤いのは、ドラゴンフルーツのせいです^^;

画像 313

フェイジョアは、追熟が必要との事でしたので

取り合えず、適度に軟らかくなっている物と硬い物を食べて見ました

香りは、嫌いな臭いでは無いですが独特な臭いがしますね~

若干、パイナップルの様な臭が混じってます

味は、不思議・・・・・確かに不思議ですね

パイナップルに洋ナシ混ぜて少し薬品?っぽい様な味がします

追熟した物は、酸味も弱くアッサリとして食べやすいです

硬い物は、酸味が強めなんですが・・・・・・

私的には、多少酸味が有った方が美味しい様な気がしました

画像 314

ただ、美味いか?と聞かれたら何と答えるかと言うと

微妙!!としか言い様が無い気がします

只、今回の試食によってフェイジョア購入の欲求は下がった事は

確かだと思います
2012.11.16 / Top↑
前々から食べて見たかったドラゴンフルーツ

食べるなら、白身より赤身が食べたい・・・・・・

一度膨らんだ思いは萎む事はないのです

なので、取り寄せてしまいました!!

画像 309

本当なら、FRUSICで購入したかったんですが

高いんですよね・・・・・・まぁ、その分美味しいのかもしれませんがね

取り合えず、一個が握り拳より大きな物を送って頂きました

この4つで、980円!!送料さえ無ければ爆安ですよね^^

画像 310

早速、試食する為に外皮を剥きます

アッサリと綺麗に剥けました

剥けた所で、半分に切り分けました

画像 311

で、味は・・・・・・まぁ、なんと言うか・・・・・・

予想より遥かに、無味無臭^^;

とても、控えめな甘味はありますよ

甘味の無くなったイチジク?的な感じでした

グヌヌヌヌヌヌヌヌヌヌ

やはり、安物買いの銭失いとなってしまったかも?
2012.11.15 / Top↑
うちは、余り鳥の被害は無いんですが

被害が出て後悔したくないのです

多分、この程度の網なんて気休めなんでしょうがね

画像 307
2012.11.14 / Top↑
昨日からの突風により薙倒されております

画像 305

ナスが薙倒されたのも2回目です

前回同様今回も、復旧させようかとも思いましたが

もう時期が時期なだけに、撤去することにしました

画像 306

流石に、半年近く植わってただけあって幹が木質化してます

なかなか、切り刻むのも楽じゃありませんでしたが

撤去は早く、15分程で終了しました

最後に、1本とは数えられない小振りな子ナス達を収穫です

画像 308

合計で22本収穫しましたが、この数字は上出来なんでしょうか?

日当たりやら、株間などで枝が広げられない等考えると

来年は、2株植えてもっと余裕のある配置でなんて考えてしまいます
2012.11.13 / Top↑
オニールが、綺麗に紅葉しました

紅葉したのは良いんですが、昨日からの強風波浪注意報が出ておりました

一夜明けた朝、全ての鉢植えが転がってました^^;

一瞬、目を疑いました

台風でもきたんでしょうか?

さて、話を元に戻します

うちに有る落葉樹では、このオニールだけが綺麗に紅葉してくれます

他は、なんか汚いんですよね~

サンシャインブルーなんか、下手すりゃ紅葉せずに越冬しますし^^;

紅葉は綺麗なんですが、落葉した後の片付けが面倒臭いです

面倒臭いんですが、性格かキッチリ片付けちゃうんです

画像 302
2012.11.12 / Top↑
津之輝の果実の色が黄色くなってきました

確か、収穫適期は1月だったと思うんですが

こんなに早く色が変わってくる物なんでしょうか?

色が完全にオレンジ色になってから樹上で減酸させるのでしょうか?

んん~結実初年度ですし、疑問だらけですね

そろそろ、鳥さんに狙われそうですし網でも掛けとこうかと思ってます

画像 301
2012.11.11 / Top↑
白ゴーヤの最後の収穫をしました

もう白と言うより、黄色に近いですがね^^

今の時期まで、良く頑張ったと褒めてあげたい位です

画像 304

ナスもピーマンも、未だに頑張ってます

頑張ってるから撤去出来ないんですよね~

ですが、白ゴーヤはもう終わりがみえました

画像 300

写真の通り、育ちに育ったツルも枯れまくってます

全体の、半分は枯れてるんじゃないかと・・・・

枯れ葉が、飛び散る前に撤去する事にしました

画像 303

撤去にかかった時間は30分程度

アッと言う間でした

来年も、白ゴーヤ育てる為に種を取っておこうと思います
2012.11.10 / Top↑
モンキーオレンジの様子です

画像 297

購入してから、1ミリと成長してないので書く事がありません

取り合えず、過保護に室内で越冬予定ですが

来年まで生き残れるのかすら分かりません

情報の少ない植物は、コレクター心を擽る反面

栽培方法の確立がなされて無いので不安一杯です

栽培1年目 実生1年目 樹高約20cm 5号鉢 結実実績無し
2012.11.03 / Top↑
ジャックフルーツの様子です

画像 296

成長具合が、こんなにも違うものかと感心するばかり

右側が、室内で過保護栽培中

中央は、室外で枯れかけてます

左側も、室外ですが意外に元気に成育中

特に、中央の株は発芽一番乗りで生育スピードも早かった筈なのに

今じゃ、葉が一枚も無く枯れる寸前みたいです

耐寒試験前に、天に召されそうな勢いですよ^^;

外気温の低下からか、3株とも成長が止まりました

右側の株位は、越冬出来るんじゃ無いかと思ってます

栽培1年目 実生1年目 樹高約10~25cm 5号鉢ロング他 結実実績無し
2012.11.02 / Top↑
枇杷の茂木とヒコバエの様子です

画像 294画像 295

見た目は立派なんですが、鉢とのバランスが悪く

ちょっとした風で転倒しまくりです

見た目が立派な部分はヒコバエが成長した所で

茂木の部分は左の写真の右の細い枝の花芽が着いてる枝です

完全に負け枝になっちゃってますよね^^;

こんな負け枝だからこそ花芽が着いてくれているのかもしれませんが

初めて私が購入した苗木ですし、処分するにしきれずに今に至ります

来年、なつたよりの剪定枝でも接木しようかな・・・・

栽培3年目 接木4年目 樹高約1m 8号鉢 結実実績有り(花芽展開中)
2012.11.01 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。